逆に、お金をかけないとどうにもならない分野がある。

わたしくらいのトランペット吹奏レベルになると、2~3万円の楽器でも、高級楽器に見劣りしない音が出せます。これは「技術」の問題です。

世の中の分野で、人の技術ではどうにもならないものがある。

それは、オーディオだったり、カメラ分野だったりします。カメラは、画素数が良く、解像度の良いCPU、大口径レンズを使われたら、同じ状況下では、コンパクトデジタルカメラでは、太刀打ち出来ません。パッと見の事ですが。

わたし、最近またカメラづいていて、フィルムカメラにハマってます。鮮明さとか、写りの良さなんか、全く求めてはいません。その逆。いかに個性的な色彩感が出せたり出来るかを。プロが上記のような機材を使った写真にはかなわないですから、、、、。

で、今日こんなカメラをGETしました。

写ルンです。しかも、2004年が消費期限のもの。13年落ちの写ルンです。期待してます、一体、どんな写りになるのか!!!

こいうのも、アナログならではの楽しみ方ですよね〜♪

「ポイント」って、すごいね。

こういう事は重なるもので、この頃、「ポイント」での買い物を結構してます。つまり、自分の財布の実支出ゼロ!素晴らしい♪

・コンバースのスニーカー

・兄へ写真集とCD

・父へ本2冊

・カメラのフィルム10本

あとは、これも実支出ゼロですが、不用品処分したお金でカメラバッグやら、イッタラのカップやら、革のカメラストラップやら、スーツケースやら、、、、、。

まだ不用品を処分中なので、次なるターゲットは、トランペットとフリューゲルホルン2本入るケース!今日もネットに出したものが数分で売れたり!してるので、これはいけそうです!

今夜から天気は荒れるようなので、おとなしく寝ます。

 

松本城辺りを旅行者気分でお散歩。

きのう新色カメラバッグをGET出来、今日はお天気も良かったので、フラフラと松本城まで行ってみました。敢えての他からの旅行者視点?気分?で街を歩いてみたのです。桜が良い感じで花開いていて、観光客も沢山。改めて、信州には観光資源が沢山あるなーと。なるほど!と思ったのは、松本には井戸から湧き水が飲めるようになっている箇所がいくつもあるんですが、観光客さんたち、結構そいうのに反応してたのが印象的でしたね。

春だけど、気温が高く、初夏の陽気。

久しぶりの街歩き、なかなか楽しかったです。トランペットの練習の方も調子はOKだし。

明日はゆっくりと過ごします。

ドイツ・グラモフォンのジャケ写。

最近、写真・カメラづいていて、それ系にすぐに反応しています。今気になってるのは、ドイツのクラシックレーベルのドイツ・グラモフォンのジャケ写。ドイツも広いので、地域によって雰囲気は違うんでしょうけど、何となく今のわたしにはドイツの色々がフィットしているような感じ。緯度感とか。

今日、この写真にある、ブルーのカメラバッグが到着して、カメラ関係の買い物が落着。あとは撮るだけ。

てか、そう、この写真のように、非常時にわたしが居ない時に家人に持ち出してもらいたい物をまとめて分かるように置くようにしました。これらがあれば、生きていけるものたち。楽器とかとかね。

信州には、中央構造線が走ってるので、デカい地震がいつ起きてもおかしくないし。

カメラバッグさんも来たので、写真ピクニックに行きたくなりました。

マウスピース売り切れ。

今使ってる、トランペットのマウスピースは、本体と同じ、S.E.Shires 1.5Cなのです。バックのなんか比べ物にならないくらいに素敵なマウスピース。で、楽器屋さんのオンラインストアを常にチェックしていました。そう、なかなか商品が日本にまで回って来なくて、在庫がなかった。先月、入荷してすぐに購入しました。で、この前ストアを見たら、やっぱりもう品切れ。早い、、、、。

同じタイプのを予備用として購入したのは、わたしには結構珍しいことです。と言うのも、あまりにもこのシャイアーズのマウスピースが良すぎるから。もうね、無いと困ります。良かった、GET出来て。安心です。

今日は、風が強かったけども、天気が良かったので、外出して、OLYMPUS PEN EESとiPhoneで色々撮ってきました。16日、日曜日にはカメラバッグも到着するので、OM-2Nも常時出動可能状態に出来ます。デジタル全盛の今ですが、検索してると、世の中には結構フィルム写真好きな方、多くて嬉しいですね!

 

4月11日、雪の日。

生命を維持するって、思ったよりも大変な事なんだなーって思う最近です。むしろ、家に居る時間が圧倒的に長くなっている最近です。4月の頭にも雪が降りましたが、なんと今日もまた雪が降りました。寒いですね。一度暖かな日を経験してしまうと、余計に。

そんな中、3週間前にオーダーしたカメラストラップと、写ルンです用の革ケースが到着しました。いずれもネームが打刻されています!

カメラの方は、本体が白い革、ストラップはブルーグリーン、留め具のところは赤なので、トリコロール。カッコイイです。ストラップ、すごく柔らかく、手に馴染みます。

週末には、カメラバッグが到着します。これで、とりあえず揃えたいものは揃うね。

写真家になるでもないので、見た目大事ですね。

そういえば、docomo光に変更して、キャンペーンでもらえるdポイントが付きましたよ!早速、わたしはコンバースのスニーカー、父へは本、兄は本とCDをそれぞれオーダーしました。母には内緒かね。

人生の何かが、一回りしたのかもね。

何かそういうルート?みたいなものが、わたしの人生にあるのならば、ちょうど今のこの辺りで、一旦人生が一回りしたような感じがするのです。結構ハードな半生だったと思います。

タイミングなのかは分からないんですけど、いろんな物や事や人や場所を手放してる事になっています。体力的に、それほど今動けないという事も大きな要因ですし、経済的な事もあったりで、例えば、毎日のように通っていた、カフェにでさえ、気付いてみればもう一週間も行っていなかったり。

Facebookなんか、ログインもしてないし、つまり、繋がっていた人たちの動向も分からないし、知ろうともしてないし、誰かと連絡を取り合ったりも、ほんと体調の問題で、無理だったりもしてます。

「脳が、身体を休めなさい」という指令を送っているんだと思います。

全く身体が動かない、、、、。

確かに、思い返せばハードな人生だったと思う。連続的にMaxで活動的過ぎたのだろうね。

半年くらいは、まともに動けないんじゃないか?と思うくらいの体調です。

何気に、エディ・ゴメスとの写真。

20年くらい前の写真だと思うんだけど、エディ・ゴメスがリーダーのトリオが松本でLiveをしたんです。その時に一緒に撮ってもらったもの。

わたしが高校に入って、吹奏楽部に入部したのは、コントラバスが弾きたかったから。でも、チューバに回され、、、、。で、今はトランペットなのですが。元々、ベースがすごく好きで、当然ゴメスは若い頃から大好きでした。

そんなわけで、すごくベースが気になります。メンバーの順位付けだったら、ベーシストをわたしの次のポジションに据えたいくらいです。

さ、きのう辺りから天候がイマイチな信州。今日はゆっくり過ごそうと思います。まだまだ、身体は本調子からは程遠く、無理する意味はないですし。

カメラいじったりして過ごします。楽器練習は当然しますけどもね。

変わった大学生。

今日は、革のスニーカー2足を徹底磨き。ピカピカ。

靴磨きは、男の嗜みと思っていますが、思い返すと、わたし大学生の頃は一人暮らしだったけど、革靴の手入れや、ハンカチやBDシャツのアイロンがけをキチンとしてから、大学へ通っていました。

今は、アイロンをかける衣料を持たないようにしてます。

靴磨きって、掃除と同じで、作業中何かしら物思いに耽ることになるのですが、またそういう時が結構好きだったりします。

気温も日々上がってきていて、活動的になってきてます。しかし、ま、無理せずにやっていこうと。

破壊であり、救いでもある。

この写真は、大学3年生の冬の頃。

人生でMaxトランペットの練習をしてた頃。同じジャズ研究会の仲間がフィルムカメラで撮ってくれたもの。1995?1996?

この頃のトランペットの練習量は、さすがに凄かった。朝8時から、夜の8時まで。休憩と言っても、トイレと手作りの昼飯の時くらいで、ほぼ吹きっぱなし。さすがに身体壊しましたね。

今は、さすがにそういう練習の仕方はしてない。人生色々あるから、辛い事も多いけど、ここ数年はトランペットを吹く行為自体が癒しになっているようです。技術の高さによるものです。自浄作用?みたいなものかしら。

フリューゲルホルンも、すごく良いサウンドしてます。

それでも、自分なりの課題はたくさんあるけど、音だけで言ったら、誰にも負けない自信ありますよ!