通常通り。

トランペット吹きに年末年始もお盆も何もないので、いつも通りにトランペットの練習を。ラッパ吹きが楽器を置くのは、棺桶に入る時と思っているのです。選択した時点で。人によっては、練習しない日を作る人もいるでしょうが、わたしは毎日吹き続けて調子を維持するタイプです。なので、逆に休んでしまうと、変な焦りが出そうです。そう思うと、今年も1日も休んでないような気がしますが、、、、。

なんとか今年も終わりましたが、全く酷い年だった事には終始変わりもなく。なので、体調や交友関係がガラッと変わった年だった。

人に対して「何かをもとめる」或いは「見返りを求める」「ここまでやったのなら、これくらいのリターンはあるだろう」と言ったことが、通用しなかった。むしろ、やって無駄だった事の方が多かった。誰かが何かを求めて、それにアクションしていたわたしがバカだったという学びしか残っていない。

何かを貸していて、返してもらったモノを見た時、それが傷ついていたり、埃すら払っていない様を見ると、ほんとうに虚しくなったものだ。あぁ、世間の若者は埃すら払えないのか、、、と、愕然としたものだ。

来年がどんな年になるか。とりあえずまだしっかり休んで、体力付けて、、、、でしょうか。

餅つき。

だいたい毎年12月30日にウチは餅つきをしている。この餅つき機も30数年毎年頑張っています。母が餅つき系、父が固まった餅をカットする係。つきたての餅は雑煮にして食べますが、わたしは餅は興味ないので、きのうのカレーライスを、笑。

最近は、自宅で餅つきをしてる家庭は少ないと思うねー。そう思うと、ウチは結構伝統系だなーと。野沢菜も漬けるし、干し柿もやるし、手打ちそばもやる。梅干しもやるなー。他にもねー。

街は買い物客らで、大賑わい。普段の田舎の駐車場付きの店々なんか、ガラガラしてるくらいなんですが、どうしてそんなにデカい駐車場が必要なのかが、ようやく分かりました。明日も相当混むんでしょうなー。

 

年末感。

以前、トランペットの仕事以外の職は、接客系がほとんどだったので、GWや盆暮れ正月なんか、まさに忙しさのピークなので、何も良い思い出はない。で、今、車を走らせていると、スーパーマーケットやパチンコ屋、とにかく車でいっぱい。そこまでして、酷い食材を買ったり、ヒマを潰さないといけないのかーと。レンタルショップもいっぱいだったから、みんなほんとに休日の過ごし方って出来ないんだなーと。寂しいような、なんというか。

わたしの場合は、休みという概念がそもそもないので、なんともなんですが、その日にキチンと音を作り上げて行くのが毎日の事なので、特に暮れや正月だからと言って、どうこうは全くなく。

きのうも天気良く、以前になんとなく購入した、革製の車ステアリングカバーを装着してみた。計2h以上もかかってしまった。というのも、コレ、糸でいちいち縫いながらの製品。縫って、締め上げの繰り返し。初にしては結構上手く出来ました。赤と黒なので、とりあえず目立つっす。なんちゃってスポーツカーね。

オーバーオールを着て、イエローのトレーナーを合わせたら、何かのゲームキャラみたいになってしまった、、、。なので、軍服のカモのアウターでごまかしてます。

人にも見えていたらしい。

少し前のLiveを聴いての感想を頂きまして、あー、こういうのが見えてたり、感じてくれてたりする人が居てくれてる!と、感激なわたくしでございます。

今年のいつだったかに書いていた事ですが、「自分の存在は、自分の発するサウンドの中にある、、、」というような事を書いたのですが、まさに、上の文章はそれを言い当てているような内容です。

正直、今年という年はめちゃくちゃな年でした。肉体、精神等々。疲弊していて、生きた心地のしないしんどい時期を過ごしていました。

トランペットは毎日練習していて、上記の事は常に念頭に置きながらやっています。音楽を空間芸術と捉えている事もあって、粒子という表現はなんだか、すーっと染み込むように理解出来ます。

今日は天候良く、トランペット、フリューゲルホルン 両方をオープンでじっくりと満たしてみました。むかーしは、ほんとにワケが分からないくらい自分の脳にあるイメージと出音の差異があったんだけど、今は全く無く、吹いている時は、かなりシビアにピッチ修正とかそいうところに力点を置いています。

「こういう音を出したい!」という段階ではなくなったようです。そう、既に凌駕するサウンドが出ているのです。それを何時でも出す事が出来るようなトレーニング内容に自然と推移しているようです。

パーソナルスペース

田舎生まれ、田舎育ちなので、パーソナルスペースがかなり広いと感じる。

都会の満員電車はやっぱりおかしいと思うし、なんで人にくっついたままずっと居ないといけないのか、よく分からない。都会は住む所ではないと横浜時代にようやく気付いた。インターネットがあれば、欲しいものは大概手に入る、田舎でも。特に不便はないし、東京みたいに見てくれだけカッコつけてるヤツらを見なくて済む。

そんなワケで、基本的に田舎はどこに行っても広い。が、どうしてもよく分からない事があるのが、駐車場だ。

田舎のスーパーマーケットとかなんか、ものすごく駐車場は広い。なのに、なのに、わざわざわたしなんか、広々したところに、まだ新しい車を停めているにも関わらず、敢えてその隣りに駐車してくる人の多い事。なんで?たぶん、運転が下手で、停める指標みたいなものが必要なんだろうか?と解釈した。

そして、人々はとにかく店の近くに停めようとする。ちょっと離れれば、簡単にそして安全にとめられるのに。ほんとそこは理解不能です。

そんな事を思うと、「あー、俺ってパーソナルスペースは、かなり広くないとダメだなー」と。

総括のような言葉。

不器用な人間で、今年という年は、ほんと疲弊の連続だったような気がする。ここまで疲れた年もなかなかなかったのではないか、、、、。

人との関係を切ったり切られたりがかなり多かったように思う。

もともと、友人と呼べるような人は、数少なく。で、ちょっとした関係であっても、向こうの勝手な都合や、こちらが愛想をつかすような事、もちろん自己都合での事もあり、去年とは全く人間関係が変わってしまった。というか、ほとんど交流すらない。

誰かが、「ん?そんなん切っちゃっていいんだよ」って言ってくれた。

とても良いなーと思っていた人でも、真逆になっていた今年。そういうのって、結構疲れます。そうなると、信じられるのは自分だけ?となりそうですが、なんともそういうのもね、、、、。

今年が厄年なのかもね。

俯瞰。

性格的に、「猪突猛進型」と認識しているので、なかなか状況を把握したり、俯瞰したりが苦手です。

一人で考えが勝手に一人歩きして、煮詰まり、どん詰まりになってしまう傾向が強い。

トランペットの「音」に関しては、俯瞰出来るようにはなってきたけども、例えば、人と演奏したり、お客さんの前で演奏したり、色んな状況があります。というか、毎回全てが違う。

「イメージ」して何かに取り組むのは大事とは思うけども、それだけに固執してしまっては、まるでピエロのようだ。

自分に「出来る事」「出来そうな事」「出来ない事」「やってはいけない事」「やらない方がよい事」、、、、。

そういうのを、改めて認識し直さないといけないなと、思った次第です。

ちょっと、もやもやっとした書き方ですが、なかなか時間のかかる人生のようです。

匂い?香り?

色んな感覚に敏感なので、もちろん臭覚についても同様。タバコを止めた事で、さらに敏感に匂いが感じられます。もはや、タバコを吸い終わった人と満員電車には乗れないと思う。

節約になって来ているので、衣類のほとんど最近は古着だ。店舗、個人売買問わず、それぞれのニオイが付いている。100%ダメ系なヤツです。お香、柔軟剤、、、、、。わたしの好きな香りは、シャンプーっぽいのか、お天道様に干された綿の生地。柔軟剤とか、もはやありえない。化学モリモリがアウトです。良かれと思って柔軟剤を使ってくれているのだと思うんだけど、ほんとニオイが取れなくて難儀しています。洗っても取れないって、、、、。

ただ、プロパーの半値以下や1/10くらいで買えてしまう古着はやめられないですね。もともとが高級志向なので、ジーンズは一本4万円とかのじゃないとなんとも気持ち悪いのですが、さすがにポンポン買える価格ではないけど、古着なら1/10もあったりします。リーバイスとかの有名ブランドには全く興味がなく、ほとんど知られていないようなものですが、生地は日本の岡山のもので、日本で縫製。セルビッチデニム、適度なダメージ感。

ニオイとの戦いです、、、、、。

 

のっちょ。

松本市にあり、気にはなっていたが、なかなか入店してなかったお店。「ヴィクトリアン・クラフト」英国から買い付けたヴィンテージ家具や雑貨を扱う店。本日初入店しました。

そこの店長さんは、中学時の同窓。たぶん、中学くらいまででわたしに絡んでいた人たちは、わたしの事を「のっちょ」と呼ぶ。

ひで、ひで。と言われるのは大人になってからの事。

そんなワケで、こちらの店長さんから開口一番は「おー、のっちょ」

店内、もー、ヨダレ出そうなほどカッコいい物ばかりで、興奮です。小物雑貨も多く、わたしは今回真鍮のアルファベットを購入。帰宅後、トランペットケースに付けてみました。何年かしたら味が出てくることでしょう。

楽器のメンテナンスの事を書きましたが、今日はトランペットのウォーターキイのバネを替えました。なかなかこういうのを替える事はないのですが。

ビックリなくらい、音に締まりが出ました。なんというか、振動感が良い具合にサウンドになってくれているというか。バネ一本でここまで変わる事を知ると、やっぱり奥の深い楽器だと知る。

カップミュートでも、そのカップの中に綿とかフェルトとか入れるとサウンドが柔らかくなったり、その量でもサウンドに変化が出ます。うーん、深いね〜。

日向ぼっこ。

天気良く、メインのトランペット洗浄も済ませ、日向ぼっこへ。

iPhone用の広角レンズを試したくて。久しぶりのやまびこドーム。かなり良く撮れます!コレ。ヤシカのレンズです。

このやまびこドーム近辺で25年くらい前かな?信州博覧会というのがあって、大学1年生で帰省していたわたしは、アルバイトに勤しんでいました。そう、ちょうどトランペットを手にした頃。恋とともに。

そういえば、この頃から飲食系の諸々を得る事に。おっきな寸胴を洗ったり、長ネギきざんだり。天ぷらあげたり、焼きそば作ったり、そば・うどん、ホットドッグ、ソフトクリーム、、、、。そーいえば、観覧車もあって、乗ったっけ。青春の場所ですな。

2〜3日天候良いみたいで。良いですね。