ドイツ・グラモフォンのジャケ写。

最近、写真・カメラづいていて、それ系にすぐに反応しています。今気になってるのは、ドイツのクラシックレーベルのドイツ・グラモフォンのジャケ写。ドイツも広いので、地域によって雰囲気は違うんでしょうけど、何となく今のわたしにはドイツの色々がフィットしているような感じ。緯度感とか。

今日、この写真にある、ブルーのカメラバッグが到着して、カメラ関係の買い物が落着。あとは撮るだけ。

てか、そう、この写真のように、非常時にわたしが居ない時に家人に持ち出してもらいたい物をまとめて分かるように置くようにしました。これらがあれば、生きていけるものたち。楽器とかとかね。

信州には、中央構造線が走ってるので、デカい地震がいつ起きてもおかしくないし。

カメラバッグさんも来たので、写真ピクニックに行きたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です