信じがたい疲労感に、どうする事も出来ない。

父の誘いもあり、朝から出掛けていた。13時には帰宅してご飯を食べていると、予想通りの殺人的な疲労感が襲ってきた。正直、最近のこの疲労感はマイナスな思考を伴うものへの変化を見せていて、何とも生存がしんどい。

何とか、眠ってみたが、やはりしんどい。あまりにもひどい人生だ、としか思えなくなってきている自分。確かに、これまで悪さはしてきたけども、ここまで試練の連続だと、さすがに辛い。

春が進み、世間は活動的になっていて、自分は取り残されていて。

あらゆるやる気というものが削がれていてね。

なかなか、ね。

救い、、、、。特に思いつかないかな。

 

トランペット吹きって、ほんとに休日はないね。

今日から日本は春の連休ですが、トランペット吹きということと、日銭を稼いでいた頃は、ほぼサービス業だったので、連休とか週末とか言われると気持ちが萎えるだけでした。

週末や連休のサービス業って、ただただ忙しいだけで、末端の労働者にとっては何も美味しくないわけ。儲かるのは上だけね。

トランペット吹きにも休日はない。作ってはならないって訳ではないけど、わたしに休みは不要です。むしろ、毎日毎日吹いていた方が気がラクです。そう言う風になってしまっています。ちょこちょこ休んで成果の出る甘い楽器ではないですね。

よく思うのは、やっぱり「選ばれし者のみ扱える楽器」だなってこと。それなりの信条や継続出来るだけの忠誠心みたいなものが必然として必要な楽器です。

「調子が悪い」、「本番で緊張する」、「マウスピースが合わない」とか言ったレベルの言い訳をしている人って、ほぼほぼただただ練習不足なだけ。言い訳。

わたしはそうは絶対になりたくなかったから、日々のトレーニングを欠かしません。

なかなか極めるってのは、ね。

あ、写真は、むかーし学生の頃、アパートで使ってた電話機の留守番電話を録音するマイクロカセットテープ。かわいいからキーホルダーにしてみた♪

健康的で優等生なジャズ・ミュージシャンに魅力を感じない、と自己肯定。

人生の半分を不健康で、辛い時間を過ごして来たせいか、なかなか世の中不信?というかになってしまうのです。それでも、自分のサウンドには何故か絶対的な自信があって、そいうのが日々の支えになっています。

最近、聞くところによると、ジャズの世界においても、メジャーになっていくには、コンテストで優勝したりが条件なんだよ、って聞くと、なんだかすごく切なくなりますね。

勝手なわたしの思いなんですが、そもそも芸術家が人生を健康的に過ごせる訳がなく、仮に過ごせている人が音を発しても、そこには何にも説得力が無い。というのが持論です。

わたしが惹かれるミュージシャン達は、間違いなくどこかが壊れている。逆に、なんちゃら大学を出て、、、、、云々なミュージシャンの音は聞きたくもないし、耳にさえ入って来ない。

なので、伝記やらで芸術家たちの苦悩を見聞きする度に、なんだかすごく救われるような、癒しになるような感覚になります。

ま、簡単に言うと、深い恋に落ちた事もない人に、ラブ・ソングなんて歌えないっていうことです。

弱みを受け入れること。

写真は、先日OLYMPUS PEN EESで撮ってプリントしたもの。なかなか良いね♪

きょう、出掛けたのは良いのですが、途中から殺人的な眠気が襲って来て、敢え無く帰宅。仕方ない。脳が休めって言ってるんだ。素直に受け入れられるようになりました。そういうのに抵抗したところで、どうにかなるものでもないし。

脳や身体の声を、キチンと聞くことが今は大事なんだろうね。

「思考をやめろ」みたいに。

これまで、無駄に無理に頑張り過ぎたわ。なんでかしらんけど。プライドとか、ま、色々あるんだけど。トランペットだけだったら、まだ救いはあったのだろうけど、他まで100%でやっちゃってたからなー、、、、やれやれ。

フィルムカメラ2台、壊れてて使えないのがあるんだけど、今度修理に出そうと決めました。まだまだ行けそうだし。

天才過ぎて、怖い!

トランペットについては、どっちかというと、「努力し続けられる天才」なのだと思う。

この前GETした、OLYMPUS PEN EESというフィルム・カメラで撮った写真です。今日、プリントしてもらった。

か、カッコいいです!天才です、わたし、やっぱり。

何かを持ってるね♪構図とかって、もうなんてーか、自然に切り取れちゃうんです。トランペットでは、そういうのとはまたちょっと違うのだけどね。

写真に関しては、かなり直感が「当たり」ます。えへへ。なんだか、すごく嬉しいですね♪

写真て、いいですね♪

断捨離も佳境!

きのうも身体が全く動かず、機能してなかった、、、、。

今日は、まだ良い。ここんところで、だいぶ物の断捨離が進んでいます。捨てるものを捨て、売れるものを売り、売れたお金で欲しかった物を買い。

断捨離も結構進んで来ていて、今日出品したのは、こういう古い空き瓶。売れると良いな〜。他にも出していて、売れたお金で、トランペットとフリューゲルホルンの入るケースとか、壊れているフィルムカメラの修理費にしたいと思っています。

そんな訳で、最近色々とGETしてますが、ポイント利用とか売り上げで補填しているので、ほぼ出費無しなのです!すごいわ。

久しぶりにフリューゲルホルンを出してみた。あとで吹きます。ヴァン・ラーのフリューゲルは最高ね!

元気をもらって、お花見もして♪

きのうは、久しぶりにちょっと遠出。元気をもらいに行って来ました。素晴らしく晴天で、しかも写真のように桜も良い感じ。この頃、引きこもりな感じの生活だったから、新鮮だったです。

自己理解と共に、その自分に見合った尺度で生活を進める事って、今まで出来てなかったけど、難しいけど、そんな感じで生きていく事は大事だなーと。

無駄な自分への過信なんかが、結構邪魔をしていたから。

そういう価値観になっていったのは、生育環境もあるし、トランペットを始めたのが、圧倒的に遅かった事なんかが複雑に入り組んでいて、一言で片付けられないのです。時代性もあるだろうし。

そういう何かが、落ち着いて来ていて、久しぶりに晴天の野外でお散歩しながら、話をしたりすると、なんだか、生きてる感が出てきた。

ありがとう。

 

今日は、撮影日和♪

YouTubeを見る事が多かった最近、ヨーロッパのミュージシャン達の、チェット・ベイカーへのリスペクトっぷりがハンパない事がよーく分かりました。チェットの研究を学生の頃にしてたんだけど、今になっても、なんで彼は、あんなにも後世にまで愛されるサウンドを出せる事が出来るような人生だったのか、まだよく分からないんです。色々あった人生ですが、それは他のミュージシャンも同じではあると思うんです、同時代の人たち。

でも、チェットは別格なんですよね。ま、だから、わたしも飽きもせずに聴き続けているんですけど。

今日の信州はすっごくお天気が良いので、出掛けて、写真撮って来ます。春を感じて来ます!たのしみ♪

トランペットトレーニングも、しっかり毎日!

カメラ・写真ブーム再燃なわたし。しかしながら、しっかり毎日のトランペットトレーニングは欠かしておりません!三度の飯よりトランペットなわたしですから!気持ちが10年前より圧倒的にラクなのは、もう自分には「スランプ」が来る事はないから、ということ。落ちる要因が考えられないんです。

そういう心持ちでいると、色々に余裕が出てきて、思考の幅も広がります。

暗譜でテーマが吹ける曲を増やして行きたいってのが、今の課題です。

ゼロ・100思考だから出来た、いろんな「脱」

2016年後半から、いろんな事柄を「脱」出来ている。

元々の性格が、せっかちであり、ゼロ・100なので、こういう「脱」な事も割と一度手放してしまうと、案外すっきりさっぱりサヨナラだったり出来ております。

酒、タバコ、コーヒー(カフェ)、夜遊び、不必要な買い物、ガム、Facebook、、、。おかげで、かなりの節約が出来ています。あれだけ頻繁だった、Facebook。離れてみると、どれだけ無意味なものかが分かります。

この頃は、フィルムカメラに再ハマりしているので、そちらの方に資源を投資出来ますね♪

今日もトランペットトレーニングは、絶好調。